EDとどのように向き合うのかを見極めよう

プレッシャーに潰されそうな男性

男性として出来て当たり前のことが突然不可能になると、その精神的な焦りや恐怖感は半端なものではありません。

これからの人生がもう全く楽しめなくなってしまうのではという絶望感にさいなまれながら、EDを抱えたまま生きている人もいるかもしれません。

自分でも特に思い当たる原因が無いにもかかわらずいつの間にか、突然勃起不全の症状が現れたらもちろん戸惑いますし、対処法すらわからないと辛いものです。

ED治療薬や精力剤、サプリメントのおかげで一時的に男性器の元気を取り戻せても、原因が根本的に解決できている感じが無ければいつ再発するのかという恐れといつもともに生きることになるでしょう。

機会の多い少ないに関係なく、セックスを楽しめる可能性を奪われることは男性に問て人生の楽しみを大きく損なうのと変わりはありません。

特定のパートナーは鋳なかったりお金は無かったりしても、性欲を解消するために、仕事からくたくたに疲れて帰った後でも心と体をいやすために何かしらおかずを探して行動に移すのが大半の男性の習慣でしょう。

ですが、それも本番行為ではドウセ失敗するのだろうと考えるといつもより虚しく感じてしまいます。

妻や彼女等のパートナーがいる場合は、そのプレッシャーも大きなものです。もしも勘違いをされたら、自分にはもう興味を失ったのではとか、浮気をしているのではとあらぬ疑いを賭けられたり、彼女たちを大きく失望させたり傷つけたりするリスクもあります。
自分だけの悩みではなく、人にとっては自分の大切な人までも精神的にダメージを与えてしまうことのある勃起不全は、パートナーのためにも早急に対策に取り組むべきでしょう。

プレッシャーを感じたままだと余計に回復しにくくなるので、まずは精神的な落ち着きを取り戻しリラックスを心がけてみてください

どう向き合っていけばいいのか

パートナーとの性行為に飽きて立たなくなったばかりか、新しい女性との行為においてもなぜかトラブルが発生すると、もう歳のせいかと諦めるほかはありません。

ある同僚の男性も、妻とのセックスに飽きたのでデリヘル嬢を頼んでみたはいいものの、途中で中折れしてショックを受けたと言っていました。

若い女性が相手でも男性器がうまく機能しなかったということは、さすがに自信を失います。
もう昔の自分とは違ってしまったんだなあという一抹の寂しさも覚えるでしょう。
ですが、男性もできれば一生性生活の方も元気でいたいと考えていますから、そのままではいいとは決して思ってはいないはずです。

血流が改善しなければそもそも男性機能の勃起は正常に働かないので、一番即効性の高い方法としてはED治療薬に頼るのを検討すると思います。

年齢のせいで血管の健康も徐々に損なわれており、男性器への血行も細くなったり、血管内壁が詰まりかけているために必要な血液がいきわたっていない可能性があります。

血行を良くするためには食生活の改善や、運動の習慣をどんどん取り入れるのも重要ですが、その効果をさらに上げたいのならED治療薬以外にもサプリメントという選択肢があります。

サプリメントや健康食品は、普通のED治療薬とは違ってそんなに効き目はないんじゃないか?と思うかもしれませんが、即効性では確かに劣っているものの、男性ホルモンの分泌に欠かせない成分や、シトルリンやアルギニンといった精子の生成に必須の栄養素、勃起機能を助ける作用を持っている成分などは、バイアグラやレビトラといったED治療薬と並んで要チェックです。

アルギニンサプリメント等は筋トレにおいてすでに活用している人もいるかと思いますが、アミンさんの一種なので安全で副作用の少ない成分なので安心して始めてみましょう。

治療に向け周囲の理解を得る

命にかかわるような事態ではないけれど、実際になったことのある男性にとっては深刻にならざるを得ないED、勃起不全の悩みですが、時にはこれからのその人の人生をも左右してしまいかねません。

精神的な影響は他人から見てみればわかりにくいかもしれませんが、それはまるでガンのように人の心をじわじわと蝕んでいき、男性としての自信を喪失したことから何もかもが上手くいかなくなってくるような焦りや不安、恐怖にとらわれることもあるでしょう。

勃起不全はそれだけ男性に喪失感やトラウマを与えるものですから、命に別状は無くても早めに医療機関で専門的な診断や治療を受けるべきです。

精神的な苦しみは他人には理解してもらいにくいですし、ED患者同士ならともかく、元気にやっている同性の仲間にもなかなか共感してもらえないときがあります。

それが男性器の無い女性ならなおさらの事、納得してもらいにくいし同時に非常に話しにくい内容でもあります。

勃起不全と一言では片づけられないくらいの多種多様な葛藤や症状がありますので、一人一人の悩みや心配事を真摯に受け止める姿勢が治療する側にも重要になるでしょう。

実感としては理解できなくても、男性の精神的な辛さを支えて揚げるくらいであれば、身近な女性でも可能はなはずです。

薬に頼りすぎるの問題ですが、応急処置的な意味で一時的にバイアグラなどの有名なED治療薬から試してみてもいいのではないでしょうか。
薬が不安ならサプリメントからでも構いません。

とりあえず一時的にでも勃起に成功すれば、それをきっかけに気持ちの方も自信を取り戻して自然と回復に向かうかもしれません。何もせずにいきなり自信を持てというのも難しいので、少しずつ成功体験の積み重ねを大切にしていきましょう。そのためには身近な女性やパートナーの協力も必要不可欠になってくるでしょう。

安全に服用する方法

EDの対処法の選択肢は、医療技術の発展につれて増えてきていますし、EDだと相談しやすい環境も徐々に整えられつつありますが、潜在的にはまだまだ人知れず勃起不全を画して生活している人々が圧倒的多数派だと予想されます、
中高年男性が肉体的機能の衰えのせいで勃起不全の症状を示すのは分かりますが、若い男性にもEDですでに機能不全を抱えているとなると、これは深刻な状況になっていると言えるでしょう。

中高年だったら、まあ年齢のせいだからといくらか素直な気持ちになって医療機関を受診するハードルも、納得さえすれば低くなるのでしょうが、まだまだ男性として元気なうちにEDを発症すると、人に気づかれるのが恥ずかしかったりプライドが許さなかったりして一人で抱え込んでしまいがちなのです。

年齢にかかわらず、ED治療に対して知識が不十分のために、勘違いや思い込みで不安感や怪しさを感じている人も少なくないでしょう。

バイアグラは医師からも正式に処方してもらえるED治療薬のひとつですが、どうもいかがわしい薬のようなイメージがして、無理やり男性器を興奮させるのではないか、効果が強すぎるのではと敬遠してしまう人もいます。

ですが、医薬品の一つなので怪しげな市販されている精力剤よりは安全性や副作用の面でもちゃんと安心できることが確認されているので、一度試してみるだけでも納得できるきっかけになればと思います。

ED治療薬( 女性用バイアグラ )の正しい服用方法は、基本的には水で飲むことです。

食事と一緒に飲んだり、水以外の飲料で服用すると他の栄養素との影響で効き目が弱まったりする恐れがあります。特にアルコールでの服用は時に危険な状態を招くリスクがありますので、要注意です。

心臓の弱い人は特に、血管拡張作用のあるED治療薬との飲み合わせには慎重になって、お酒との併用は絶対にしないでください。